理想の嫁、理想の妻って?どんな感じか考えてみた。

自分磨き

こんにちは。

皆さんの考える理想のお嫁さん、妻ってどんな感じですか?
先日から始めたこのブログのタイトルは、「癒し系」です。
これは、女性である私が男なら、癒し系なお嫁さんと暮らすのがいいなあと思ったので、目標としてつけてみました。

ちなみに、婚約者の彼、モソには内緒でブログ運営をしたかったのですが、
同棲をしていることもあって、こそこそやるのも無理なので、
止むを得ず紹介しています。

同棲中の彼氏にこのブログを見せてみた

モソ
モソ

癒し系って。これまた時代錯誤な。

私

時代錯誤?でも、癒し系の嫁の方がいいでしょ。

私

毎日、今の私みたいに、仕事に追いこまれてヒステリックになってるのは嫌でしょ。

モソ
モソ

せやな。

私

家帰ったら、あったかいご飯があって、部屋が綺麗で心地よくて、癒される嫁がいる。最高やん。私も欲しい。

そう、今の時代は働く女性、女性の自立、男女平等。
でも、癒し系な人について考えてみたとき、
私もそんなお嫁さんがほしいし、そんな女性になりたいと思いました。

あえて「妻」でないのは、好きなキャラクターに何でもかんでも「俺の嫁」認定してしまう古の名残からです。

理想の嫁って?その特徴

理想のお嫁さんの特徴3つについて紹介していきます。

①自分を理解してくれる嫁

やっぱり一番は自分のことを理解してくれる人が良いでしょう。

価値観は人それぞれであり、相手のことを完全に理解することはどんな人でも不可能です。

しかし、理解しようと歩み寄ることはできます。

仕事、家事、育児、生活習慣、お金の使い道、趣味など。

これだけは譲れない!というポイントを理解してくれる嫁は素敵です。

結婚するに至るまでに、違う家族の元で違う人生を歩んできた二人が新たな家庭を築くのですから、自分の価値観を理解してくれる人とお互い一緒に過ごして行きたいと思うでしょう。

②自分をコントロールできる嫁

自分をコントロールできる嫁は魅力的です。

自分のコントロールとは、例えば情緒不安定になったとしても、自分でコントロールして他人に迷惑をかけない努力をすることです。

時々、自分の機嫌が悪いと、他人に八つ当たりする人がいますよね。

気分のムラがあり、その結果他人に害を及ぼす人は、周りの人から嫌われています。

そして、家庭内では、職場などに比べて遠慮がいらないため、より気分のムラが顕著に現れることが多く、
その標的となるのが家族となる夫だったり母親だったり兄弟だったりします。

女性が情緒不安定になるのは、月1で訪れる生理によるホルモンバランスの乱れなどもあり、仕方がないことです。
しかし、結婚して新たな生活を歩むときには、自分の気持ちをコントロールできる方法を身につけておくと良いでしょう。

辛くなりそうな日は予定を詰め込みすぎない、家で過ごす、アロマをたく、スポーツをする、買い物をする、だらだらネットサーフィンをする、ぼーっとする、寝る…。
自分にあった休息方法を持っている人は、自立していて素敵です。

③自分の求めるレベルの家事をやってくれる嫁

今の時代でも、やはり嫁に求めるものに家事は入ってくるでしょう。

家事とは、炊事洗濯お掃除…様々な家を回すための仕事であり、奥深いものです。

求める家事のレベルは人それぞれです。
それは育ってきた家庭環境や、彼自身の家事能力に大きく影響すると言われています。

以前、俳優の松坂桃李さんが、「一回使っただけでバスタオルを洗う子」とは結婚できないとツイッターでつぶやき、賛否両論あり、話題になりましたね。

家事は、毎日行わなければならない仕事です。
シンプルにできるところは、シンプルにしていくことで、継続的に負担なく続けることができます。

いわゆる「ズボラ」とも言えますが、毎日毎日いろんな家事をしていたら、手を抜いた方がいいこともありますよね。

中には夫が家事をほとんどやってくれる家庭もあります。

大切なのは、お互い、家事を仕事として認識し、どの程度を目標にして生活に取り入れていくかを話しあい、お互いの家事観を共有しておくことでしょう。

その中で、自分に課せられた仕事量を把握し、家事をこなしてくれる嫁は、素敵な女性ですね。

もちろん、できる範囲で。

理想の嫁目指して日々切磋琢磨

いかがでしたか。

上記3つの特徴は、頑張れば誰にでも理想の嫁になれる特徴だったのではないかと思います。

私もそんな理想の嫁になれるよう、人生の目標として

相手の理解、自己管理、家事を継続すること

この三つを意識しながら、日々切磋琢磨していこうと思います。


花嫁修業ランキング
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

  1. Ayu より:

    初めまして、なんかタイトルが印象的ですね。
    ランキングからきました。
    3つの条件、理想のお嫁さん、ハードル高いですね。

    • 飛鳥 飛鳥 より:

      ランキングから来てくださって、コメントありがとうございます!今の自分の間反対だと思いますが頑張って近づけるようになりたいです!

タイトルとURLをコピーしました