このサイトについて

はじめまして。

このサイトの管理人のaskと申します。

このサイトに出てくる人の紹介

管理人ask

主にこのアイコンと吹き出しで登場します。

私

1996年生まれ。社会人3年目です。多趣味です。運動音痴ですがスポーツは好きです。

彼氏:モソ

主にこのアイコンと吹き出しで登場します。

似顔絵ですが似すぎるとダメなので目をつぶりながら描きました。

モソ
モソ

1994年生まれ。社会人4年目だけど2年目で転職しています。ストイックです。スポーツにのめり込むタイプ。

ブログを始めた理由

2019年11月28日、このサイトを制作し、ブログ投稿を開始しました。

私は現在、関西でほそぼそと看護師をやっています。

私の性格を一言でいうと好奇心旺盛な子供です。気になることはとりあえず一度は手を出して突き詰めます。楽しいことが大好きです。それに伴い、目標に向かって突き進む行動力があります。

 

ですが、地味で発信力がありません。

その上、けじめをつけて終わらせることやまとめることがとっても苦手で、マイペースなので他の人との共同作業は苦痛。時間管理も下手くそです。

趣味は膨れ上がる一方で、生活に悪影響を及ぼすばかりです

日々の生活の中でも、あれもこれもできていない…社会不適合者やん…と凹む日々。

 

 

そんな中で、2019年8月に、2014年からお付き合いしている彼氏のモソさんからのプロポーズがありました。

 

モソさんは私と同じく好奇心旺盛ですが、なんでもてきぱきこなしてそれなりに結果を出す男性でした。

 

そんな彼に憧れていた私ですが、自分の生活能力があまりにも低いので、まだ同棲は無理!と思っていました。

しかし、ちょうどその時期、勤め先の人間関係のストレスがあり、毎日2.3時間しか眠れない日々。

職場の先輩からは眠剤処方を勧められ、目の下のクマを指摘され、気分がどんどん沈む中で、ついに社会人2年めで初めて寝坊をしてしまったのです。

 

これは良くないと思い、眠剤を飲む前に、いっそのこと環境を変えよう!と思い、同棲に踏み切りました。

 

しかし、同棲を始めて、自身のだらしなさに憂鬱になる日々…。

 

今までは一人暮らしだったので、自分のペースで家事や料理や勉強をして遊んで寝て、誰かに迷惑をかけることもなかったわけですが、同棲となるとそうはいきません。

 

気がつけばほぼ毎日、彼氏のモソさんが料理を作り、食器を片付け、洗濯をし、取り込み、干し、アイロンがけをし、掃除機をかけ、机の上を拭き、換気をし、夜は「早くお風呂に入りな、ドライヤーで髪の毛乾かしな、早く寝な」と言い、朝は「起きろー」と言いお弁当を作ります。

 

もはや彼氏のモソさんがおかん化しています。

 

できる人を見ればみるほど、自分のできなさが浮き彫りになり、家事をやってないことは事実なのに、イライラヒステリーになる私。

 

また、看護師という仕事は夜勤もあり、その上、自己学習を定期的にやっていかなければなりません。

 

その上、私にはやりたいことや趣味がたくさんあります。

絵を描いたり声優のレッスンを受けて練習したりするのは、正直モソさんに見られるのが恥ずかしくて同棲してからもモソさんのいないすきを狙いコソコソするしかありませんでした。

 

職場のストレスと勉強への苛立ちとマイペースに趣味ができないこととの間でいらつき、モソさんへの八つ当たりと発狂を繰り返していました

 

モソ
モソ

徹夜で勉強とか効率悪いで。時間管理しっかりしよ。

モソ
モソ

毎回毎回、追い詰められて発狂するけど、やり方を変えないと。毎回しんどいことしてるやん。

モソ
モソ

家事とか、料理とか、誰もやれとは強要してないし、仕事で忙しいのわかるし俺がするやん。だからイライラするの無駄やしやめとき。

私

うるさいな‼︎
できる人に何がわかるんだよ‼︎(ブチ切れ)

 

毎日毎日こんな調子です。

モソ
モソ

反抗期やな。

  

モソさんは、私が反抗期だと判断して今は大きな喧嘩になることはありませんが…。

 

実家で、毎日毎日同じように両親が喧嘩していた光景を思い出します。

モソさんが私のイライラに耐えられなくなったら確実に私たちの未来は終わります…。

 

とにかく、カオスな今の状態を脱したい!

時間に追われている自分を変えたい!イライラするのをやめたい!

夜勤が心身ともに自分を追い込んでいるなら、違う職種に転職したい!

 

 

しかし、自分の偏った思考を変えるのはなかなかの訓練が必要であると考えました。

 

せっかくなら楽しく訓練の備忘録をつけたい。

好きなことをしつつ、やらなければならないこともこなせるようにするためのヒントを見つけたい。

サイト制作やイラスト作成を楽しみながら勉強して、いつかクリエイティブ系に転職する際のスキルを身に付けたい。

 

と考え、それらが満たされるツールがtwitterやInstagramなどのSNSよりも「自サイト」だと思いました。

 

モソさんからは、「今時ブログ?流行らないよ。」と言われましたが、

今やらなきゃぜったい後悔すると思い、思い切って開設しました。

 

 

アクセス数もないし文章力もないし、サイトデザインは難しいし、いろいろいじっていると時間がかかってしまい、結局家事がおろそかになるという本末転倒になりそうですが、

サイトのデザインが固まっていくにつれて頭の中が整理整頓されてすっきりしていくのがわかりました。

 

この状況から、私がブログ投稿を通して、より「癒し系のお嫁さん」になれているのかを、皆様には優しい目で見ていってほしいと思います。

 

いつかきっと、同じように悩む人の役に立てるように。

 

 

イラスト・漫画について

私はまあまあ絵を描くことが好きです。

小学校6年生の頃、当時大好きだった漫画家のやぶうち優さんのホームページに「お絵かき掲示板」というものが設置されていました。

お絵かき掲示板とは、PCのネット上でソフトを使用することなく、Javaを使用しイラストを描き、投稿し、他ユーザーと交流することができる掲示板です。

現在はめっきり減ってしまいましたが、スマホ上で絵を描いて投稿できる「アイビスペイント」なんかが似ていると思います。

友達や家族に絵を見せたりするのが苦手で、ほそぼそと描いていた私でしたが、

「お絵かき掲示板」では全国の人に絵を見てもらい、コメントをもらえるということがものすごく楽しくて嬉しくて、どハマりしました。

その後、掲示板上で同い年ぐらいの子たちと切磋琢磨しながらデジタルイラスト技術を磨き、ネットマナーやコミュ力を磨きました。

そのうち誰かが「自分のホームページ」を作り出し、それに憧れ私も真似してブログやホームページを作りました。相互リンクお願いして貼りまくったり、カウンターでキリ番イラスト描いたり。楽しかったです。

そしてpixivがはやり、twitterに登録したり、手書きブログしたり、黒板inしたり…。

特に自分のイラスト技術を向上させたのはpixivでした。

pixivを始めたのは中学一年生だったのですが、同じようにデジタルでイラストを描いている同年代というのは当時あまりいなかったので、

とにかく同年代の中で上手い人がいたら嫉妬して、その人よりもランキング上位になろうと頑張って絵を描きました。

しかし、いつの間にか、数字ばかり気にしてしまい、好きでもない版権絵や流行りの絵柄に寄せ、

リアルで家族や友人に見せられるような絵はほとんどありませんでした。

がんじがらめになっていた私は、そのうちスランプと称してイラストを全く書けなくなってしまいました。

 

そして、成人してから。

ふと、もう一回、イラストが描きたいなぁと思いました。

当時描いてた時よりも、よりデジタルイラストは身近で、気軽に描けるようになっていました。

あの時ほど時間をかけて情熱を注ぐことはできないかもしれないけど、それなりに描いて、このブログ内で発表していけたらな、と思っています。

 

今目指している絵柄は、女性雑誌に乗っていそうだけどちょっとサブカルっぽい絵、です。

イラストや漫画のお仕事依頼のご相談があればコメントお願いします。

タイトルとURLをコピーしました